くらし イベント エンタメ グルメ2016年 ランチ 三八 青森LOVERS

【五戸町】馬のファーム・トゥ・テーブル

2017.03.03

丘陵とのどかな田園風景が広がる県南東部の五戸町は、古くは奥州街道の宿場町として栄えました。県内の銘柄牛のひとつ「倉石牛」のほか、「桜肉」(馬肉)の産地として知られてますよね。味噌で味付けした桜鍋などは、五戸町では週に最低1回以上食べるご家庭が普通だとか! まさに、ソウルフード。郷土料理としての始まりは日露戦争のころの馬産地までさかのぼるそうです。「さか」(坂、サッカー)の多い町だけに…。

 

美味しい桜肉のお店はいくつもあります。県外の方もわざわざ訪れるという尾形精肉店さんは、馬の育成から精肉、料理店まで、まさにファーム・トゥ・テーブルのお店です。

 

尾形精肉店

尾形精肉店

精肉店に併設されているレストランでは、なんといっても、桜鍋と馬刺しだそうです。今回は焼き肉でいただきましたが、ほかにも、馬肉入りピザとか、お子様ランチには馬肉ハンバーグとか、馬でフルコースがいただけます。

 

馬刺し

馬刺し

 

桜肉の焼肉

桜肉の焼肉

 

829豆知識(^^)

829豆知識(^^)

<尾形精肉店>

青森県三戸郡五戸町字博労町18-1

http://www.banikuya-ogata.com/rest/

 

そんな、尾形さんと、料理紳士がターゲットの料理エンターテイメント雑誌「buono」編集長のガチンコ・トークセッションも注目のセミナーが五戸町で開催されます。ぜひお誘い合わせのうえお越しください。ちぇきら!

 

「五戸町の三大美肉と商品開発セミナー」
~マスコミに愛され、全国に生涯のファンができる、ご当地料理とは?~

日  時:3月7日(火)14:00~
会  場:五戸町役場3階 委員会室
講  師:月刊「buono[ヴォーノ]編集長 島貫 朗生 氏

トークセッション: 倉石牛、青森シャモロック、馬肉の各生産者(尾形さんも)
主  催:五戸町
協  力:八戸学院大学地域連携研究センター
http://research.hachinohe-u.ac.jp/news/event/post-1497/

 

 

さいごに、東奥日報2012年11月に掲載された「ご当地ヨガ」五戸町編、「倉石牛のポーズ」を紹介~♪ ぜひやってみてください☆ 頭上から見ると牛に見える伝統的なヨガ「牛面のポーズ」の名前にちなんだポーズです~。馬じゃないんだけどねw ↓ クリックしてね ↓

 

青森100年ブランド事務所ご当地ヨガ実行委員会

藤代 典子

 

https://www.facebook.com/100brandjp/

https://www.facebook.com/GotohchiYoga/

 

住所:

電話:

(藤代 典子)