上北 施設 青森LOVERS

北緯40度のリア充

2016.07.28

はじめまして! 青森が好きになり、四国から引っ越してきました。はじめは冗談半分(?)だった住民票移動が現実のものになり早6年、いまでは、ネイティブとほめられることもある私です(笑) 週末は県内各地の「ご当地自慢」を訪ねることも多く、下手なデジカメや日記に「きゃー」とか、「まいうー」とか、「ヒデキカンゲキ!」とか、書きとめることもしばしば。(昭和な感嘆詞でスミマセン(汗)) 実は以前に東奥日報夕刊で「ご当地ヨガ」という連載を持たせていただいていた関係で、訪れる各地でその土地にちなんだヨガのポーズをこっそりとることも、秘かな楽しみとなっています。体は硬いんですけどね、、、

 

  さてさて、前置きが長いのですが、昨日は、六戸町の指定文化財「旧渋沢邸」に行ってました。六戸町と三沢市にまたがる星野リゾート 青森屋の広すぎる敷地の静かなエリアに立地しています。昨日のような青天の気持ちの良い日には、この邸宅の芝生に腰をおろして自撮すれば、リア充アピールできること請け合いです。自宅じゃないでしょ!ってつっこまれそうですねw

IMG_1006

 

それでね、渋沢栄一が東京に構えた6ヵ所の本邸のうち、唯一現存するのが、この「旧渋沢邸」(旧三田綱町邸)なんですって。7月1日から今季の一般公開が始まったので、邸宅内も見学しましたよ~。日本円を360円の固定相場制から変動相場制に切り替える決断を水田大蔵大臣が下した秘密会議はこの建物の2階で行われたんだとか。

IMG_1020 IMG_1013

変動相場制への切り替えって、歴史の教科書に出てくるよねえ、スゴーイ。明治11年(1878年)だから築138年。歴史が動いた瞬間をずっと見つめてきたこの邸宅が、我が家から車でたった30分のとこにあるゼイタクー。

IMG_1017

 

もうひとつ贅沢なもの。上質なハーブの原産地である地中海沿岸と同緯度であることから「北緯40度のハーブ」と銘打った六戸町・大西ハーブ農園の無農薬のハーブ。

1147

 

すてきでしょ~☆ ハーブはこちら青森屋の「七子八珍会席」でも味わえるそうです。2012年10月に掲載された「ご当地ヨガ」六戸町編は、北の大地のエネルギーを吸収し、すくすくと空に向かって伸びるハーブをイメージしたポーズでした。やってみてね☆

 

ちなみに、この辺、ポケモンがいっぱいいるようですがw、うっかり追いかけようものなら靴ずれ覚悟です。私的には青森のディズニーランド?!だと思ってる星野リゾート 青森屋の敷地がどのくらい広いか、リア充体験してみるのもいいかも。

 

≪ご当地ヨガFacebookはコチラ → https://www.facebook.com/GotohchiYoga/ ≫

(藤代 典子)