グルメ ランチ 下北

うに丼まつりの正式なお作法、知っちょるかー

2017.03.12

「日本語しゃべれるけど、なまってます」の島ヤッコです。

大間の春は、「ノナカゴ」が連れてくるー。
って、ノナカゴわがる?わがねべな~。
「ノナ」ってのは、キタムラサキウニのこと。アイヌの言葉らしい。
だから、函館周辺の人だぢも、ウニのことを「ノナ」としゃんべります。

で、「ノナカゴ」ってのは、大間のウニ漁のこと。
刺して採ったり潜って採ったりするのではなく、カゴに餌付けでおびき寄せて採る。
そのノナカゴ漁がスタートして、同時に大間んぞくの「うに丼祭り」もスタートしました。
毎週土日がうに丼祭り。うに丼に味噌汁ついて、たたこの1000円なりという、このミラクル!

さっそく行ってきました。

うに丼まつりで注文する時には、右手を高らかに上げて、おねいさんに
しっかりわきの下のウニをアピールしながら注文してください。

ウニ丼注文

 

「うに丼まつりのウニ丼ひとっつ!」

うに丼が運ばれてくるのを、るーらるーらと待って、運ばれてきたら、
おごそかな気持ちでふたを開ける。

FullSizeRender-464x622

「やったー!!!」

「すーごーいー!」とか「しあわせー!」とかでもだいじょんぶ。
とにかく、目の前に1000円のウニ丼がある喜びを声に出してみよう。
連れがいたら、記念の写真を撮ってもらおう。
ほれ、このように。

ウニ丼と記念撮影

あとはもう、一気に喰らうがよい!

この作法を、3回ぐらいは繰り返してもよい。
3回繰り返しても、驚きの3000円なのだから。

ウニカゴ漁の解説図

 

大間んぞくのご主人が、ノナカゴがどういう構造になってるか、
書いて教えてくれた。
「ノナカゴの船は、何時頃に出ますかい?」
「朝、4時30分ぐらいだべ」
それは朝ではなく夜中だべさ。
出漁の様子を見ようかと思って聞いたが、一瞬のうちに諦めました。ちーん。

魚喰いの大間んぞく

住所:大間町大字大間字大間平17-377

電話:0175-37-5633

(島ヤッコ)