中南 青森LOVERS

紙袋の中身は何?ねぷたを最後まで引っ張った子供たちの宝物!

2016.08.02

こんにちは、たびすけの西谷雷佐です!
今日はひろさきねぷた祭り2日目。昨日に引き続き審査日です。

 

さて、沿道で弘前ねぷたをご覧になった方は気付いたと思いますが、
このお祭り、たくさんの子供が参加しています。

 

大きな声で「ヤーヤードー」と叫ぶ子供の姿には心が癒されます。
そしてベビーカーやお母さんの背中で眠ってしまう小さなお子さんも。笑

 

小さい頃、ねぷたに参加するモチベーションといえば何といってもねぷたを引っ張り終えた後にもらえるお菓子でした。
途中で疲れても、ぐずっても 「最後まで頑張ればお菓子がもらえるよ」の言葉に押されて
何とか解散場所まで綱を持って歩いた記憶がある方も多いのではないでしょうか。

 

最後のお菓子は今も健在。「最後までねぷたを引っ張った」という達成のしるしです。
11779774_737567873038645_5562186969095361328_o

 

 

ちなみにこのお菓子の入った袋、当然大人が準備しています(笑)

13918797_10205417954727291_949026846_o 13902107_10205417954687290_1721772084_o

土手町ねぷたの場合、8月1日分に準備したお菓子の数、150個!
ひとつの町内のねぷたに、これくらい多くの子供たちが参加しているんです(町内・団体により異なります)。

 

お菓子の入っている袋のデザインは同じですが、中身はいくつかのパターンがあります。
「ポッキーとポテチ」「ピーナッツとチョコレート」など、開けるまでのお楽しみ。

 

この日余ると、次の出陣である8月3日にも配られるのですが、
すると中身が「8月1日と同じだった!」となる事もありますww

 

こどもたちはこの「お菓子の袋」を楽しみに、そして空けて一喜一憂するのです。笑

 

 

西谷雷佐、情報発信中!こちらも是非ご覧ください!!
=======================================
ブログ>>「あるもの活かし」で地域力発信!~たびすけ代表西谷雷佐の旅ブログ~
Facebook>>raisuke.nishiya
Twitter>>rai248
Instagram>>raisuke_nishiya
たびすけHP>>tabisuke-hirosaki.jp

=======================================

(西谷 雷佐)