エリア 中南 自然 青森LOVERS

弘前公園の外濠は花筏だけじゃないって知ってた?

2017.03.31

hirosaki-sotobori

こんにちは、弘前在住ブロガーの斎藤です。

いよいよ、今日で3月も終わり、明日からはひろさきさくら祭りが始まる4月に入ります。

弘前公園外濠の水面を桜の花びらが埋めつくす「花筏」は、「🔗死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも掲載され、日本中、いや、世界中から多くの観光客が訪れています。

しかし!

弘前公園外濠の魅力は花筏だけではないですぞ!!

この季節ごとの移りかわりこそが、弘前公園外濠のだいご味なのです。

この変化を楽しめるのが、地元民の特権です。

春にはもちろんピンクの花筏にため息をつき。

sotobori_spring

夏には蒸し暑い空気の中に緑の匂いを感じ。

sotobori_summer

秋は紅葉が落ちて広がる鮮やかな色合いを楽しみ。

sotobori_autumn

冬は、水墨画と見まごうようなモノクロームの景色に足を止める。

sotobori_winter  

その季節は長く長く、今年は3月下旬でさえこのありさま。

本日の弘前城外濠。 #弘前城外濠 #hirosaki #spring #p9lite #定点観測

A post shared by Saitou Mikako (@urabetti174) on

そして、4カ月ぶりに風景が色を取り戻し、
桜が満開になってから、ほんの数日間だけピンクの絨毯を見せてくれます。

sotobori_spring

この、寒く重たい雪の季節を過ぎて、ためにためた春への想いがあるから、
いっそう短い桜の季節が恋しいのです。

この写真は弘前市役所の交差点向かい側、追手門前で撮影しました。

何かと用事を足しに通る日常の風景の中に、これだけ美しい変化があること。

すごい、贅沢な話しですよね。

hirosaki-spring

hirosaki-summer

 hirosaki-autumn  hirosaki-winter

リアル青森、今年度最後の斎藤の投稿でした。

世界に誇れる桜の季節、弘前でお待ちしています。

 


<日々発信しています♪>


 

(斎藤 美佳子)