エリア グルメ ランチ 三八 東奥日報おすすめグルメ

地元で味わう「階上早生」九割そば

2017.04.03

【h】DSC_0943階上町のわっせ交流センターでは、町内で栽培されたソバの青森県奨励品種「階上早生」を使い、そば粉とつなぎの割合が9対1の「九割そば」を提供している。

より風味豊かなそばを提供しようと、2016年夏からそば粉の割合を高めたそうです。その日に打ったそばを、その日のうちに提供しています。

平日のメニューは、ざるまたはかけそばの日替わり定食(いずれも税込み850円)など。薄いグレーの腰が強いそばに、同町産食材を中心に使った総菜数品、いなりずしなどご飯類、コーヒーが付きます。

 

 

日によっては、かけ、ざる(650円)のみになることも。休日は天ぷらそば、天ざるそば(800円)や、個数限定の十割ざるそば、十割かけそば(750円)も登場します。

わっせは10年に閉校した旧登切小学校の校舎を活用し12年にオープン。ソバの実を製粉する作業やそば打ちを建物内で行っています。タイミングが合えば、ランチタイムにそば打ちの実演を見学できるかも。(八戸支社・穂)


【h】DSC_0929【住所】階上町平内上道1-1
【電話番号】0178-88-2709
【営業時間】11:00~15:00(12~3月は~14:00)
【定休日】 毎週水曜日

※料理のキャプション/DSC_0943.JPG…ざるソバ日替わり定食

わっせ交流センター(お食事処)

住所:階上町平内上道1-1

電話:0178-88-2709

(東奥日報社)