グルメ2016年 ランチ 東奥日報おすすめグルメ 西北

中泊町の山・海・湖の恵みを満喫 

2017.04.04

十三湖の東岸のほとり、中泊町今泉地区にある「はくちょう亭 奈良屋」。国道339号沿いにあり、取材の行き帰りによく立ち寄るリフレッシュスポットです。きょうのランチはここでいただきます!

【h】★はくちょう亭奈良屋の「はくちょう定食」_DSC0064こちらでは人気メニューの新・ご当地グルメ「中泊メバル膳」(6月2日~9月1日は税込み1,400円、他の時期は1600円)が味わえますが、きょうは昔からの看板メニュー「はくちょう定食」(1,400円)を注文しましょう。

さあ、来ました。山菜炒めはタケノコ、ワラビ、フキ、ナメコといった山菜類と、豚肉、糸コンニャク、豆腐などを手作りみそで炒めた逸品。ひとくち頬張るとタケノコのシャキシャキ感、ナメコのヌルヌル感、そして豚肉のうま味が口の中に広がり、ご飯がどんどん進みます。

イカ刺し、十三湖産のシジミ汁、小鉢の料理も地元産の食材にこだわっていて、中泊町の山・海・湖の恵みを満喫できます。 

「山菜肉鍋定食」(1140円)、「しじみラーメン」(760円)もお薦めです。隣接する「しじみ亭 奈良屋」では、さまざまなシジミ料理を味わったり、大粒のシジミを購入できます。

国道を挟んだお店のすぐ向かいには十三湖が広がり、幕末の思想家・吉田松陰の足跡を記念した「吉田松陰遊賞之碑」が立っています。食後の散策はいかがでしょう。
お腹も心も満たされ、ごちそうさまでした!(五所川原支局・ら)


【h】★はくちょう亭奈良屋の店内_DSC0071【住所】中泊町今泉唐崎255
【電話番号】0173-58-2816
【営業時間】09:00~17:00(冬場は変更あり)
【定休日】 火曜日 

※火曜日が祝日の場合は営業。大型連休と7、8月は無休。

 

 

 

▲ゆったりと座れる「はくちょう亭 奈良屋」の店内

はくちょう亭 奈良屋

住所:中泊町今泉唐崎255

電話:0173-58-2816

(東奥日報社)