エリア ニュース 下北

恐山に春の足音 20日開通へ街道除雪着々

2017.04.06

恐山街道を除雪しながら進む2台のロータリー車

恐山街道を除雪しながら進む2台のロータリー車

 霊場・恐山へ続く青森県道むつ恐山公園大畑線(通称・恐山街道)の除雪作業が進んでいる。冬季閉鎖中のむつ市二又-恐山間(7.6キロ)は、20日正午に開通する予定。5月1日に恐山が開山すると、下北半島は本格的な観光シーズンを迎える。
 除雪作業は今月4日にスタート。県が5日、冷水(ひやみず)付近で作業を公開した。積雪は、ほぼ平年並みの1メートル10センチ。2台のロータリー車が、山あいにエンジン音を響かせてゆっくりと進み、硬く積もった雪を飛ばして道を切り開いていった。
 県下北地域県民局地域整備部の飯豊啓倉さん(58)は「下北にも春が来た。作業は順調に進んでいるので、恐山開山に合わせて、ぜひ足を運んでほしい」と話した。
 恐山-むつ市大畑町薬研間(14.5キロ)は、25日正午の開通を目指している。

(東奥日報社)