エリア グルメ ランチ 東奥日報おすすめグルメ 西北

働く力がみなぎってくる鶏肉と野菜のコラボ

2017.04.13

五所川原市の中心街・本町の名物中華料理店といえば「鳳天雄(ほうてんゆう)」。1978年の開店以来、五所川原支局の歴代記者たちがお世話になってきたこのお店で、きょうのランチをいただきます!

定食、麺類、丼物…。どれもおいしいので悩みますが、やはりここはお店の看板メニュー「鳳天雄定食」(税込み980円)にしましょう。

【h】★鳳天雄定食_DSC0093さあ、来ました。メーン料理は一度揚げた鶏肉や野菜を八丁みそとトウバンジャンで炒めた逸品。肉や野菜のうま味にほどよい辛さが絡み合って、丼ご飯がどんどん進みます。野菜はタマネギ、ヤングコーン、ニンジン、タケノコ、ホウレンソウなど多彩。シャリシャリした食感が楽しい野菜はクワイだそうです。小鉢のナガイモ、スープもおいしく、「よおし、午後も頑張ろう!」と元気が湧いてきます。

私のもうひとつのお薦めは「とりそば」(700円)。上品な塩味スープに癒やされます。同僚記者の大好物は「麻婆焼きそば」(750円)。そばのお焦げがたまらないそうです。

スポーツ大会などで各地の記者たちが五所川原支局に集まると、晩ご飯の定番は鳳天雄の出前。ボリューム満点の「カツ定食」(980円)や「若鶏のぶつ切り唐揚げ」(900円)を頼み、パワーを充電して頑張っています。お腹も心も満たされ、ごちそうさまでした!(五所川原支局・ら)


【h】★鳳天雄の店内_DSC0110【住所】五所川原市本町3-1
【電話番号】0173-34-6530
【営業時間】11:00~19:30(ラストオーダー19:00)
【定休日】 月曜日

 

 

▲料理のメニューはもちろん、コミック本も充実している「鳳天雄」の店内

 

鳳天雄

住所:五所川原市本町3-1

電話:0173-34-6530

(東奥日報社)