ニュース 東青

カレーいろいろおいしい アスパム春まつり

2017.04.30

カレーや県内のご当地グルメを食べる家族連れ

カレーや県内のご当地グルメを食べる家族連れ

 大型連休に合わせて青森県の食や工芸品などの観光資源を紹介する「アスパム春まつり」(県観光連盟主催)が29日、青森市のアスパムで始まった。県産食材を使ったカレーや青森県内のご当地グルメが味わえる。会期は5月7日まで。
 カレーは、アスパム内の飲食店2店が計7種類を提供。長谷川自然牧場(鯵ケ沢町)の熟成豚を使ったカツカレーやハンバーグカレー、イカメンチをフライにしたカレーなど、オリジナルメニューを用意している。工芸品はこけしやこぎん刺しなどを販売、体験もできる。
 カレーや鯵ケ沢町名物の鶏の串揚げ「チキンボー」を食べていた青森市の渡辺真奈さん(6)は「おいしい」と笑顔。姉の真由さん(12)は「工作に挑戦したら、思ったよりうまくできたので良かった」と話した。
 イベント会期中、アスパム2階のパノラマ映画と13階展望台が小学1年生は入学プレゼントとして無料、同伴家族は半額になるサービスも実施する。

(東奥日報社)