エリア ニュース 下北

佐井でウニ祭り、1000食限定の丼に行列

2017.06.18

ウニ丼が人気の「佐井村うに祭り」

ウニ丼が人気の「佐井村うに祭り」

 旬のウニを味わえる「佐井村うに祭り」が17日、同村の津軽海峡文化館アルサスで始まった。磯の香り豊かで、とろけるようなウニをふんだんに使った丼を目当てに青森県内外から訪れた観光客らが行列を作った。祭りは18日までで、ウニ丼は1日限定千食。
 佐井村観光協会が主催し毎年開いている。同村では4月から7月末ごろにかけてウニ漁が行われるが、6月は実入りも味も特に良いという。祭りは新鮮なウニ80グラム(約8個分)が載ったどんぶりが1杯千円で食べられ人気を集めている。
 むつ市の銀行員小軽米祐亮さん(24)は「八戸出身なのですが、佐井のウニは有名なので一度は来たいと思って」と話し、一緒に訪れた同僚の小笠原彩さん(21)は「めっちゃおいしい。甘くてまろやか」と笑顔を見せた。
 このほか、殻付きウニや鮮魚、アピオス加工品などの販売も行われている。18日は正午から、「演歌堂ミュージック」(十和田市)の歌謡ショーも予定している。

(東奥日報社)