エリア ニュース 東青

新鮮ウニ、ヒラメに舌鼓 「佐井村祭り」に200人来場

2017.06.30

神経締めしたヒラメをさばく様子に見入る来場者

神経締めしたヒラメをさばく様子に見入る来場者

 佐井村の豊かな食をPRするイベント「佐井村祭り」が28日夜、青森市のアップルパレス青森で開かれた。約200人が来場し、村産の水産物などをふんだんに使った料理に舌鼓を打った。
 イベントは村の協賛でアップルパレスが主催し、今年で4回目。佐井村漁協の宮川徳之さんと木部司さんが8キロのヒラメを使って、鮮度を長く保ち、うまみを引き出す「神経締め」の実演を行った。
 料理は、採れたての殻付きウニをはじめ、ヒラメやタイ、カワハギのお造り、モズクめんなどが提供された。いっしょに訪れた青森市の西川智香子さん(49)と千葉優子さん(47)は「ウニがぷりぷりとして新鮮で、とてもおいしかった」と感激していた。

(東奥日報社)