お祭り動画 一週間のイベント 三八 青森LOVERS

さあ八戸三社大祭が始まりますよ!十六日町山車組では山車の上で本番前最後のお囃子練習

2016.07.31

実は私にとって、7月25日~8月4日は一年で最も忙しい10日間です。

7月31日の前夜祭からスタートする八戸三社大祭に向け、25日~30日は山車製作のラストスパート。

そして7月31日~8月4日は祭り本番、運行中のみならず一日中いろいろな準備などをしなければなりません。

 

しかしこの「リアル青森」、7月27日に公開というちょっと悲鳴の出るような日程でスタートしたわけですが、八戸三社大祭の素晴らしさを多くの方に知ってもらいたい!という思いからこうして記事を書いております。

 

八戸三社大祭2016間もなく開幕

八戸三社大祭は他より少し早くスタート

 

またこうして記事を書けるのは、山車が無事に完成したから。

青森4大祭りと言われる青森ねぶた祭、弘前ねぷたまつり、五所川原立佞武多、八戸三社大祭の中で、八戸三社大祭は7月31日からと最も早くスタートします。

なので今現在、7月31日深夜にはすでに山車が完成しているわけですね。

 

ああ完成してよかった…!(魂の叫び)

 

青森県のお祭りの掛け声

ところで皆さん、青森ねぶた祭の掛け声はご存じですか?

「ラッセーラー! ラッセーラー!」

という掛け声は全国的に有名ですよね!

そして五所川原立佞武多の「ヤッテマレ!」や弘前ねぷたまつりの「ヤーヤドー!」も有名です。

 

八戸三社大祭の掛け声は?

しかし八戸三社大祭の掛け声やお囃子をご存じの方は、全国で見るとあまり多いとは思えません。

なぜでしょうね?

青森県の中でねぶた、ねぷた、立佞武多の影に隠れてマイナーだってこともありますが、青森ねぶた祭のように「飛び込み参加もOK」という「参加型カーニバル」に対し八戸三社大祭は「観覧型フェスティバル」と言われる点にもその理由があるような気がします。

やはり飛び込み参加した方は絶対に掛け声を覚えるでしょうし、参加する意思のある方は事前に掛け声を覚えていくでしょう。

しかし八戸三社大祭は神事として山車は御神輿のお供をする役割ということもあり、各山車組で定めた浴衣や半纏を正装として事前登録した方のみが揃いの衣装で参加することができます。

こういったこともあり見る側の方は通り過ぎていくお囃子や掛け声はBGMとして深く記憶に残ることが少ないのかもしれません。

 

八戸三社大祭のお囃子の一部をご紹介

そこで私が参加している八戸三社大祭の山車組の一つ「十六日町山車組」ではお祭り本番直前、山車の上でお囃子練習が行われたのでその様子をご紹介します!

 

子供たちの

「ヨイサ!ヨイサ!」

の掛け声がとってもリズミカルで耳に心地いいでしょ!?

 

この他に

「ヤレヤレヤレヤーレ!」

とか

「ヨーイヨーイヨイサーヨイサ ヨイサーノセー!」

とかもあります。

 

八戸三社大祭の掛け声、少しは覚えていただけましたか?

 

お囃子や掛け声は各山車組によって少しずつ違う

各山車組によって掛け声やお囃子は少しずつ異なります。

それもまた約300年の歴史を誇る八戸三社大祭において、各山車組が伝統を継承してきた証です。

この違いも気を付けながらご覧になると一層楽しいですよ!

(永井 大介)