エリア ニュース 西北

自転車旅PRへ香港関係者招待/五所川原市

2017.08.23

色付き始めたリンゴ畑を眺めながら快走するツアー参加者ら=五所川原市

色付き始めたリンゴ畑を眺めながら快走するツアー参加者ら=五所川原市

 自転車で観光地を巡る「サイクルツーリズム」を推進している青森県五所川原市は、津軽半島の自転車旅の魅力を発信しようと、21~24日の日程で香港のサイクリング関係者を招いている。一行は22日、半島一円を走り、津軽鉄道に自転車を載せる「サイクルトレイン」も体験。青森県の自転車旅の魅力に触れていた。
 モニターツアーに参加したのは、旅行ジャーナリストやブロガー、自転車愛好家ら5人。市費で来日・滞在し、津軽半島のモデルルートを試走。ブログや会員制交流サイト(SNS)などで情報発信してもらう。
 22日は同市を出発し、水田やリンゴ畑を駆け抜けて青森市へ。途中、雨が強くなったため車移動となったが、約40キロ走行した。津軽鉄道津軽中里駅(中泊町)からは津鉄の列車に自転車を載せて五所川原へ。レトロな列車旅も楽しんだ。
 旅行ブロガーの陳穎欣さん(26)は「水田を駆け抜けるルートでは、香港にはない景色を味わえた。ここにしかない風景をたくさん写真に収めたい」と話した。24日までのツアーでは高山稲荷神社(つがる市)、鶴の舞橋(鶴田町)などを訪れる。

(東奥日報社)