エリア 中南 青森LOVERS

【青森LOVERSが選ぶ 私の絶景】夕暮れの岩木山/斎藤美佳子さん

2017.09.10

TO20170901G00131010100 自分のブログでは弘前市やその周辺の出来事を取り上げているのですが、岩木山が写っている画像は多いですね。弘前からは「山」の字の形に見えるけど、鶴田町の方からだと頂上が尖(とが)った形に見える。岩木山は場所によってさまざまな姿を見られるので、観光客の方々にも楽しみ方を紹介しています。

 2012年、夫と子どもと3人で弘前に移住しました。しばらくは仕事で黒石市に通っていたので、帰り道の車から岩木山を眺めていました。弘前での暮らしにまだ不安があったころでしたが、ふと目にした岩木山が私たちを穏やかに出迎えてくれているようで安心感を覚えました。

<さいとう・みかこ 1974年、北海道生まれ。パソコン事務代行などを担う「さいとうサポート」を弘前市で運営。着せ替え人形の服を作る「キセカエヤ」としても活動中>

<さいとう・みかこ 1974年、北海道生まれ。パソコン事務代行などを担う「さいとうサポート」を弘前市で運営。着せ替え人形の服を作る「キセカエヤ」としても活動中>

 弘前で暮らし始めたころ、夫から「津軽では岩木山に向かって拝む人もいる」というような話を聞かされ、最初は「どういうことなんだろう」と不思議に思っていましたが、いつの間にか自分も岩木山を見ると心が安らぐようになりました。山を見つめているうちに、母親から見守られているような雰囲気が感じられて。夫が話してくれたような人たちも同じような気持ちなのかな、と感じました。

 この写真を撮影したのは15年の11月初めごろ。藤崎町の国道7号を弘前方面へ走っていた時に出合った岩木山を、車から降りて撮りました。夕暮れ時の岩木山は影絵のように見えたり、雲がかかるとパステル色の絵画のようだったりして、私にとって特にお気に入りの風景です。

 今では、岩木山が弘前をはじめとした津軽に住む人たちの原風景であり、日々の暮らしの中にいつも存在しているものだということを実感しています。津軽を訪れる観光客の皆さんや、これから移住しようとしている人たちにも、ぜひ知ってほしい。私のブログでも、その点を大事にしながら、岩木山の魅力を発信していきたいですね。

(東奥日報社)