イベント エリア ニュース 中南

古い街並み 和服彩る/黒石こみせまつり

2017.09.13

こみせ通りの古いたたずまいには和服がぴったり

こみせ通りの古いたたずまいには和服がぴったり

物販などおもてなしに大活躍した黒石商業高校の生徒たち

物販などおもてなしに大活躍した黒石商業高校の生徒たち

 「黒石こみせまつり」(9、10日)は今年も青森県黒石市中心部の道路を歩行者天国として開放、市内外から詰め掛けた大勢の見物客、買い物客が「まちなか文化祭」のにぎわいを満喫した。今年初めて「江戸こみせ」「グルメ」「手づくり」などとエリアを区分。両日とも日中の天候には恵まれ、目当ての品を求める人であふれた。高校生の活躍も目立った。吹奏楽部の演奏、似顔絵コーナー、路上落書きコーナーのほか、創作黒石やきそばや自ら企画した食品の販売など日ごろの活動の成果を生かして、来場者をもてなした。

大勢の来場者が足を止めて耳を傾けたこみせ通りでの三味線演奏

大勢の来場者が足を止めて耳を傾けたこみせ通りでの三味線演奏

 

「できた!」。親子連れにはこま作りの体験コーナーが人気

「できた!」。親子連れにはこま作りの体験コーナーが人気

 

(東奥日報社)