グルメ2017年 ランチ 東青

和食が奏でる季節のハーモニー

2017.10.23

外観ホテルJALシティ青森の2階、オープンして3年目を迎えた「和料理 奏」でプレミアムランチをいただいてきました。
明るく清潔感が溢れる外観です。

 

 

 


内観店内の壁は白壁に墨絵が特徴的。
モノトーンと木目でまとめられた店内は落ち着いた雰囲気です。

 

 

 

 


奏料理長料理長高木紳侍(しんじ)さんにご挨拶。

東京や県内各地で修業を積み、和食の道を究めてきました。
気軽に食べられる和食が同店のコンセプトということです。早速いただいてみます。

 

 

 

 

 


料理全体今回いただくのは昼の奏膳。

御造り・天婦羅・焼魚・肉皿・小鉢2種・茶碗蒸し・ご飯・味噌汁・フルーツ・香の物
で2,000円(税込)。本格和食がお手頃価格で食べられます。

 

 

 

魚焼魚は「赤魚のつけ焼き」。

魚自体にもしっかり味付けがなされていますが、2種類のソースとの相性も抜群です。

ソースはビーツとバターナッツ素材そのものの色を活かしたピンクと黄色がとっても鮮やかです。

 

 

 

肉肉皿は「ミートローフ」。素揚げにした旬の野菜たちと一緒に鮮やかな赤色のソースでいただきます。
洋食のイメージのミートローフでしたが、ソースの中には味噌が加えられており、和食としても違和感はありません。

 

 

 

海老にししとう・ナスと季節のお野菜を使い、天ぷらは薄い衣で上品な食感です。
お汁に入っていた緑のキューブ状のものは、あおさ入りの豆腐だそうです。
料理長の遊び心が垣間見えます。

デザートは季節のフルーツ「柿と長芋の羊羹」。長芋のなめらかな舌触りが活かされた逸品でした。デザートに行きつくまで多くの品数があるので、いろいろな料理が少しずつ楽しめるのはお得だと思います。

和料理一筋で修業してきた料理長がつくる季節の会席料理も3,000円から楽しめるのはおすすめ。
気軽にちょっと贅沢したい時、気軽に「和料理 奏」に足を運んでみてはいかがでしょうか。(勢)

 


青森市安方2丁目4-12 ホテルJALシティ青森2F
営業時間 昼11:30-14:00 夜17:00-22:00
定休日 日曜日

和料理 奏

住所:青森市安方2丁目4-12 ホテルJALシティ青森2F

電話:017-777-3922

(東奥日報社)