エリア ニュース 下北

ホッキーガイに敵キャラ「子分ザメ」

2017.12.13

ホッキーガイ(右)の新たな敵「子分ザメ」(中)。ジョーズベーダー(左)と共に青森県征服を狙う

ホッキーガイ(右)の新たな敵「子分ザメ」(中)。ジョーズベーダー(左)と共に青森県征服を狙う

 青森県三沢市の冬の味覚、ホッキガイをモチーフにしたご当地ヒーロー「海鮮野郎ホッキーガイ」に、新たな敵キャラが誕生した。
 悪の組織「ガラッシャー帝国」から送り込まれた怪人「子分(こぶん)ザメ」だ。サメをモチーフにした親分の「ジョーズベーダー」にコバンザメのように取り入り、あちこちに出没して騒動を起こしながら青森県征服を狙う。
 子分ザメは、ジョーズベーダーの子分だった「ミドリ仮面」の後継。頭はブルーのコバンザメで、額と胸に「子分」と書かれた金色の小判を付けている。
 ごますりでお調子者、弱い者いじめが好きという性格だが、知識が豊富で実はインテリ-という一面もある。
 子分ザメは9日にデビュー。市公会堂で開かれた三沢基地クリスマスコンサートで子どもたちを出迎え、ハイタッチをしたり一緒に写真を撮ったりと、コミカルな動きで視線を集めた。
 市民有志でつくる「ホッキーガイプロジェクト」の岩本ヤヨエ代表は「ホッキーガイとともに、子分ザメも活躍させたい」と話した。

(東奥日報社)