グルメ2017年 中南

「わが家」のように気軽にフレンチをどうぞ/弘前

2017.12.13

外観弘前市代官町にある「フランス食堂 シェ・モア」。フレンチという形式にこだわらずに気軽に来店してほしいという願いをこめて、フランス語で『わが家』を意味するシェ・モアと名付けたということです。1987年のオープン以来、地元の食材を使い、素材の味を生かした料理を提供しています。

 

 

 

 

 

内装店内は座席の間隔が広く、ゆったりと落ち着ける雰囲気です。
ランチはA、B、Cとシェフおまかせ、リンゴランチの5種類。
この日はBランチ(税別2,650円)を注文しました。

 

 

 

 

料理メーンは約20種類の肉・魚料理からお気に入りのものを1つ選べます。
私が選んだのは県産牛ほほ肉の赤ワイン煮込みブルゴーニュ風。
福澤円シェフによると、フォンドボーを仕上げるのに2日間。さらにほほ肉はフォンドボー、赤ワインなどと4時間じっくり煮込んでいるとのこと。こだわり抜いた一品です。
中までしっとりと柔らかいお肉に、濃厚な味が染みこんで口の中でとろけます。
さらに、日替わりだというニシンのマリネやサツマイモのポタージュスープ、帆立とサワラのポワレもおいしくいただきました。

 

福澤円シェフ食材はオーナーシェフ藤田力三さんが毎朝、自ら市場で仕入れているそうです。
福澤シェフは同店に勤めて14年目。「素材の味を生かすことを常に意識しています。若い世代の方にもぜひ食べてもらいたいです」と話してくれました。

ランチは1,650円から(いずれも税別)。リーズナブルな価格でフレンチをお昼からいただけるなんてぜいたくすぎます。
このほかリンゴランチは、リンゴの冷製スープ、リンゴと地場産お肉のマリアージュなどリンゴ尽くしのメニューを堪能できるのでおすすめです。(弘前支社・蹴)

 

 

【フランス食堂 シェ・モア】
青森県弘前市代官町53-2
電話番号:0172-33-7990
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
ランチ:11:00~14:00
ディナー:17:00~21:00
駐車場:有り

(東奥日報社)