イベント エリア ニュース 西北

鯵ケ沢で「キャンドルナイト」始まる

2018.02.15

幻想的な光が来場者を楽しませたキャンドルナイト

幻想的な光が来場者を楽しませたキャンドルナイト

 ろうそくの明かりとイルミネーションでJR鯵ケ沢駅前を彩る「あじがさわキャンドルナイト」が14日、青森県鯵ケ沢町の同駅前広場で始まった。親子連れらが雪に浮かび上がった幻想的な光を楽しんだ。15日まで。
 町観光協会(杉澤廉晴会長)がバレンタインデーに合わせた冬の地域活性化イベントとして企画し、今年で7回目。ろうそく約500本と発光ダイオード(LED)のイルミネーション約8千個が用意された。
 この日は時折、雨が降るあいにくの天気となったが、午後5時半の点灯開始から多くの人が訪れ、白神山地のブナの葉をイメージして配置したキャンドルなどに見入っていた。
 友人と訪れた同町の小野奈沙(なずな)さん(舞戸小6年)は「毎年、見に来るのが楽しみ。今年もとてもきれい」と話した。
 会場には舞戸保育所園児30人のキャンドル作品も展示しているほか、お汁粉の振る舞いやチョコのプレゼントがある。問い合わせは同協会(電話0173-72-5004)へ。

(東奥日報社)