エリア ニュース 西北

いい風味~金山焼の新作ひな人形/五所川原

2018.02.17

新作ひな人形が並ぶ津軽金山焼の店内

新作ひな人形が並ぶ津軽金山焼の店内

 青森県五所川原市の津軽金山焼は16日、3月のひな祭りに向けて制作した新作ひな人形の窯出しを行った。今年は5人の制作者が7種類を手がけた。立ち姿のお内裏さまとおひなさまのほか、今年の干支「戌(いぬ)」をイメージした作品や丸みを帯びたかわいらしい人形が並んでいる。

 人形は大きい物で高さ約15センチ。合計約300組制作した。約3日かけて焼き上げた後、窯の温度が下がるのを待ち、この日取り出した。スタッフが窯から丁寧に人形を運び出し、割れや欠けがないか確認。一つ一つ磨き上げてから陳列していた。

 1組1600~3千円で、3月3日まで販売。また、同日までひなまつりフェアとして土日祝日に甘酒の振る舞いを行う。

 津軽金山焼の野呂理紗子製造部長(39)は「かわいらしく焼き上がった。作品は全て(焼き色などが)ちょっとずつ違うので、好みのものを見つけてほしい」と語った。

(東奥日報社)