エリア 中南 青森LOVERS

田舎館村冬の田んぼアート:2018年のスノーアートは自給自「足」!

2018.02.27

こんにちは、弘前在住ブロガーの斎藤です。

前回に続いて2018年のスノーアートをご紹介。

田んぼアート第二会場でもある田舎館村の道の駅「弥生の里」で公開される足跡のアートです。

過去2回は、イギリス人のスノーアーティスト、サイモン・ベックさんを招聘してスノーアートを制作してきました。

その間に講習を受けた地元有志のメンバーでスノーアーティスト集団It’sOK.を結成。

今年から、It’s OK.の皆さんによって図案作成から制作、メンテナンスまですべて行われています。

完成間近のスノーアート制作風景

2月9日は、スノーアート制作風景を公開していました。

図の中心からスノーシューを履いたメンバーが、いっせいに広がって足跡をつけていく様子にグッときました。

横ではIt’s OK.のクレジットも刻まれていきます。 0209itsOK

朝から製作を開始して、日没前にはほぼ完成していました!

0209snowart

今回のテーマは「煌めく冬」です。

0211zuan2

雨にも風にも負けず

そして、連休中の2月11日に再度ライトアップの時間帯を狙って出かけてきました。

この会期中は暖気で雨が降ったかと思えば、吹雪にさらされたりして、スノーアートも何度もメンテナンスをされたそうです。

そのかいあって、このようにクッキリと!

0211snowart

動画で撮ると吹きっさらしの展望台が、どれだけ風が強かったかおわかりいただけるかと。

観覧に行く時は最上級の防寒をしていきましょう!

いよいよ自給自足を始めた冬の田んぼアート。

行けなかった方は、来年ぜひ訪れてみてください。

展望台近くにはアツアツフードもありますよ。

0209soup
(地産野菜を使ったスープby.スープライダース)

【関連記事】

🔗弘前はるか夢球場のスノーアートは、桜&こぎん刺し模様 | リアル青森

 


-日々発信しています-

(斎藤 美佳子)