エリア ニュース 下北

風間浦・産直「ふのりちゃん」 海峡の幸そろえ営業開始

2018.04.25

今季の営業を始めた産直施設「ふのりちゃん」。さまざまな海藻や山菜、野菜などが並ぶ

今季の営業を始めた産直施設「ふのりちゃん」。さまざまな海藻や山菜、野菜などが並ぶ

 冬季休業中だった青森県風間浦村蛇浦地区にある産直施設「ふのりちゃん」が22日、今季の営業を始めた。営業再開を心待ちにしていた人たちが、津軽海峡が育んだ自慢の海藻のほか、山菜、野菜などを買い求めていた。
 ふのりちゃんは、ふのり記念公園内に2013年にオープン。地元の女性でつくる「かざまうら産直友の会」(高橋美保子会長)のメンバーが運営している。施設内にはメンバー11人が出店したコンブやワカメ、ヒジキ、岩ノリ、マツモなどの海藻がずらり。海藻の採れる時期や特徴の解説やレシピの展示もある。
 22日はフノリ汁の振る舞いも行い、観光客らでにぎわった。高橋会長(76)は「乾燥モズクや、数種類の海藻をセットにした商品など品ぞろえが例年より増えた。観光シーズン本番なので、ぜひ立ち寄ってほしい」と話した。
 今季の営業は10月末まで。午前9時半から午後3時半。水曜定休。

(東奥日報社)