エリア ニュース 下北

むつ地場産のうまいもの集めたイベント盛況

2018.06.03

むつ市や下北産の野菜などが並んだ名産品販売コーナー

むつ市や下北産の野菜などが並んだ名産品販売コーナー

 青森県むつ市は2日、市内をはじめ下北産の食材や料理を集めたイベント「むつうまふぇす!! むつ市のうまいは日本一の日」を下北文化会館で開いた。地場産品の消費を促す条例制定を受けた初のイベント。訪れた市民らが会場に設けられたブースや屋台に列を作り、地場産品の魅力を体感した。

 市は3月、「むつ市のうまいは日本一推進条例」を制定。62(むつ)の語呂合わせから6月2日を「むつ市のうまいは日本一の日」と定めた。条例制定後初の6月2日を記念し、地元への食の関心を高めてもらう目的でイベントを企画した。

 会場には、キャベツやニンニクなどの野菜、山菜、水産加工品とさまざまな地場食材を販売するブースが並んだ。大湊海軍コロッケや大湊海自カレーなどの料理を販売する店もあり、来場者が品定めをしながら各ブースを回った。屋外に設けられた食事コーナーでは、多くの家族連れが屋台で買った食べ物を囲んで休日のひとときを過ごした。

日本酒や飲むヨーグルトなど、地元産の飲み物で乾杯する来場者

日本酒や飲むヨーグルトなど、地元産の飲み物で乾杯する来場者

 この日はむつ市のイメージキャラクター「ムッシュ・ムチュランI世」の誕生日でもあり、来場者が地場産の日本酒やワイン、飲むヨーグルトなどで乾杯して誕生日を祝った。

 東通村の団体職員、田村みのりさん(41)は「初めて見る下北の食材もあり、むつ市のおいしいものがたくさん食べられて楽しかった」と話していた。

(東奥日報社)