イベント エリア ニュース 西北

総合格闘技「T-Pleasure」 7月1日、五所川原で大会

2018.06.14

大会をPRする(左から)藤田代表、佐々木選手、佐藤さん

大会をPRする(左から)藤田代表、佐々木選手、佐藤さん

 青森県五所川原市で総合格闘技道場「T-Pleasure(ティー・プレジャー=津軽衆の意)」を主宰する藤田成保代表が7月1日、国内主要団体の選手が横断的に参加する総合格闘技大会「GFG(グローバル・ファイティングスポーツ・ゲーム)」を同市のプラザマリュウ五所川原で開催する。藤田代表らが13日、東奥日報社五所川原支局を訪れ「団体の垣根を越えた好カードを楽しめる」とPRした。
 大会には、シュートボクシング、PANCRASE(パンクラス)、GRACHAN(グラチャン)、ZST(ゼスト)など国内の主要団体に参戦している選手22人が出場、11試合を行う。各試合5分×2ラウンド、決着がつかない場合は3分間の延長戦を行う。
 支局には藤田代表のほか、グラチャンの元バンタム級王者で鶴田町在住の佐々木郁矢選手、ブラジリアン柔術インストラクターでスタッフの佐藤文俊さんが訪れた。
 大会に出場する佐々木選手は「得意の肘を使った攻撃で勝利を収めたい。県内にも活躍している選手がいることを知ってもらいたい」と話す。
 藤田代表は「青森から国内格闘界にのろしを上げるつもりで開催する」と力強く語った。
 試合開始は午後1時半。各席有料。問い合わせは藤田代表(電話090-2606-5207)へ。

(東奥日報社)