エリア ニュース 東青

ミスター跳人グランプリに倉内さん(東京)

2018.06.25

ミスター跳人グランプリに輝いた倉内さん(手前)。右はミスター跳人に選ばれた息子の青葉君

ミスター跳人グランプリに輝いた倉内さん(手前)。右はミスター跳人に選ばれた息子の青葉君

 青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」は24日、男性ハネトのナンバーワンを決める「ミスター跳人(はねと)コンテスト」を同施設で開いた。跳ね方の美しさや躍動感、ねぶた祭に懸ける情熱などを審査した結果、同市出身で東京都在住の公務員倉内佑也さん(34)が最高賞のミスター跳人グランプリに輝いた。
 今年で7回目となるコンテストには、県外在住者7人を含む8~54歳までの19人が参加。市経済部観光課の伊藤寛子主査ら5人の女性が審査に当たった。
 出場者はそれぞれ持ち時間3分の中でねぶたへの熱い思いをPRし、ねぶた囃子(ばやし)や観客席からの「ラッセラー」の掛け声に合わせて思い思いに乱舞した。
 倉内さんは、息子の青葉君(11)もミスター跳人に選ばれ「親子で選ばれて、とてもうれしい。祭りでは誰よりも楽しんで跳ねて、心じゃわめぐ感覚をたくさんの人に感じてもらいたい」と意気込んだ。
 コンテストではこのほか、同市の接骨院院長桜田慎司さん(52)がミスター跳人に選ばれた。

(東奥日報社)