イベント 上北 自然 青森LOVERS

アウトドア初心者も気軽に遊べる、小川原湖漕ぎ大会(9/3・4)【前編】

2016.08.11

こんにちは。Ogawarako Kayak LABOの木滝奈央です。

私がカヤックを漕ぐきっかけとなったカヤックの大会についてご紹介です。

気合入れて書きますので、長いですよ。

コーヒーのご用意を。

 

小川原湖漕ぎたいかい(大会)

小川原湖漕ぎ大会2016フライヤー

 もう名前からして…なところもありますが、ここはさらっと。

2014年から開催されているカヤックマラソンで、「青い森カヌーフェスティバル」がリバイバルされた大会。

今年で3年目となり、毎年全国からカヤッカー(カヤックを乗る人)が集まります。

 

出発

みんなの背中から「漕ぎたいんだーっ!!」というオーラを発していますね。あれ?一艇だけカナディアンカヌーが出ていきました。

 

青森県で一番大きな湖・小川原湖で行われるこの大会、コースは5km13kmコースの2部門。

・13kmコース…三沢市湖水浴場から東北町湖水浴場を往復

・5kmコース…姉沼の入り口までの往復

マラソン

昨年の13kmコースのスタートは小雨、でも天気は回復へ向かう

 

強者たちが揃い、それぞれのカヤックでマラソンに挑みます。

13kmはなかなか距離もあり厳しいですが、漕ぎきった時の皆さんの表情の素晴らしいこと!!

大会の写真を全部載せたいくらいですが、一部をご紹介。

こまつさん

遠来賞とシルバーシニア賞をW受賞

さいとうさん

初めてだけど13kmコースにトライ、思わずガッツポーズ

 

あ、さっきのカナディアンカヌーも帰ってきました。

カナディアンで参加してもいいの??

 

カヌー

 

いいんです、漕ぎたい気持ちがあれば!

カヤック部門も5km、13km(シングル・タンデム)部門受付中です。【締切8月31日】

お申し込みはこちら→小川原湖漕ぎたいかい

カナディアンカヌー部門も絶賛受付中です!!

 

 

この大会は2日目のカヤックマラソンがメインですが、

1日目は一般向けにさまざまなアクティビティを楽しんでもらえるようになっています。

カヤックSUPヨット体験など毎年無料で楽しめます。(一部有料)

たてこさか

カヤック体験はやっぱり人気!!
出陣
市民の方々もカヤックで小川原湖に出陣!

SUP

 SUP(スタンドアップパドル)体験、ボランティアスタッフが丁寧に教えてくれます

 

アウトドア雑誌等でおなじみの紀行作家の、シェルパ斉藤さんのトークショーやアウトドアワークショップ、

シンガーソングハイカーの加賀谷はつみさんによる湖畔ライブなども開催。

シェルパ斉藤

シェルパ斉藤さんのワンバーナークッキング(2014年)

かがやさん

加賀谷はつみさんの湖畔LIVE(2015年)

 

 もうね、コンテンツを紹介するだけでいっぱいいっぱいなのですが…書きたいことがもうひとつ。

みなさん、コーヒーもう1杯分お付き合いください。

 

 

この大会は多くのボランティアスタッフ達によって成り立っています。

この人達がいないと大会が始まらないんです、そんな彼らの仕事ぶりをご紹介。

カヤック体験3

華麗なパドルさばきでカヤック体験でレクチャーするスッタフ達。

きんじるーかす2

南部町の名久井岳トレイルランニング実行委員メンバーも助っ人に!立ち姿も美しくあれ。

ごみひろい大会2

市民も交えて小川原湖周辺をスマートに清掃。

 大会の前に行われる「ごみ拾いたいかい」では、ミニトレッキングのコースも清掃します。

華麗に綺麗に…素敵すぎるYO!

 

そんな私も1年目はボランティアとしてステージ担当、2年目は本部担当としてこの大会に参加。

今年も1日目は本部にて大会をサポートします。

漕ぎ大会2

 

スタッフ証の数だけ支える人がいる。

そんなハートフルで楽しいイベントなので、是非遊びに来てください。

 スタッフ証

 

「この大会は面白い!!」とカヤッカーの噂になるのはここからのお話。

やっと私の出番と申しましょうか、宴会隊長出陣です!

 

コーヒー2杯目少し残りましたね?

それではそのまま【後編】もお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(木滝 奈央)