イベント エンタメ 上北 青森LOVERS

夜のアクティビティも人気!!小川原湖漕ぎ大会(9/3・4)【後編】

2016.08.16

こんにちは。Ogawarako KAyak LABOの木滝奈央です。

前編では昼間の「小川原湖漕ぎ大会」について書きましたが、

後編はカヤッカーの噂になるこの大会の夜のアクティビティについて書きたいと思います。

 

しかしながらこの肩書では楽しく書けないので、昼の私から夜の私へ。

Misawa Night HoppersのNAOとして書きますね。

(Misawa Night Hoppersについてはまた後日説明)

私はどこまでも引っ張るねちっこいタイプなのです。

 

もうコーヒー飲んでる場合じゃありません、

小川原湖で冷えたビールでも飲みましょう。

 

小川原湖漕ぎ大会2016フライヤー

エントリーはまだまだ募集中!!→小川原湖漕ぎ大会

 

さて、1日目の体験メニューやイベントが終了後、小川原湖畔が夕暮れに静かに染まり、

どこからともなくBBQのいい香りと音楽が…三沢の夜はこうじゃなくっちゃ。

年に1回、知る人だけが楽しめるお祭りがスタートです。

夕暮れ

夕日スポットとしても有名な小川原湖

 

まずは近くの温泉に入ってから、夕日をバックに前夜祭は始まります。

毎年恒例のBBQ、これが楽しみで参加される方も多いのです。

夜13

参加する理由① 湖畔で夕日をバックにBBQ

この日一番の笑顔はビールと共に。

夜14

 

そんなBBQは津軽三味線を聴きながら。

今年はゲストの都合がつかず津軽三味線はなくて残念なのですが、このライブも遠方からのカヤッカーに人気。

前夜祭

後ろにはカヤック、前には津軽三味線というのは青森ならでは

 

かおる

津軽三味線には松明が似合う

かおるケビン

左:小山内薫さん、右:ケビン・メッツさん(2014年撮影)

2014年の小山内薫さんのライブにケビン・メッツさんの飛び入り参加で、コラボ演奏が聴けた奇跡の夜。

このご縁もあって、2015年のゲストにケビン・メッツさんに来ていただきました。

さあ、津軽三味線の音色と共に夜はヒートアップ!!

夜5

 

そして地元でも人気のBad Ass Inc.のアコースティックライブ。

古き良きロックでおじいちゃん達も大盛り上がり、踊り出す始末です。

夜9

参加する理由② 湖畔でロック、自由に踊れる

そこへ米軍基地のプライベートビーチからの花火が打ち上がり、会場の盛り上がりはピークに!

一番の特等席でBBQ、ライブに花火…こうなったら誰もおじいちゃん達を止められません!!

夜11

 

もはやサザ〇さんのエンディング状態。

夜

 

馴染みのアメリカンBARも出店し、三沢ならではのテキーラなどのショットも豊富に取り揃えています。

お酒には困らないシステムを導入済み。

夜10

参加する理由③ 湖畔のBARでパンプキンショットを飲む

 

IMG_5676

パンプキンショット (Bar Nitrousにて撮影)

 

 ここからはスローダウンして、シンガーソングハイカーの加賀谷はつみさんによる星空ライブ。

盛り上がった強者共をなだめ、テントに返します。

夜7

 

こういうアウトドアのレースなどでは仲間内で焚火を囲みながら 、軽いBBQなどをするそうです。

「次の日の大会もありますし…おやすみなさい。」と早めに就寝するのが一般的。

しかし、きっちり夜も遊んで飲めるので、一部のカヤッカー達には人気の大会となっています。

 

そしてカヤッカー達はお酒にも強い!翌日清々しく開会式が始まります。

 朝

 開会式に参加するカヤッカーの皆さん

 

 カヤックマラソンのスタート!!

スタッフもこれまでの苦労をお酒で吹き飛ばし、清々しく!!

朝5

参加する理由④ 湖畔での朝のコーヒーも最高にうまい!!

あ、やっぱり朝はコーヒーに限りますね。

 

(木滝 奈央)