グルメ2016年 ランチ 東奥日報おすすめグルメ 西北

話題沸騰の新・ご当地グルメ「メバル膳」

2016.08.22

DSC_5444

 夏祭りも一段落したので、少し豪勢なランチにしようと、日本海を望む中泊町小泊、おさかな海岸へ。
 お店の看板メニュー「おさかな海岸定食」(1000円)や海鮮丼も捨てがたいのですが、ここはやっぱり県内1位の水揚げ量を誇るウスメバルが存分に味わえる「中泊メバルの刺身と煮付け膳」(1400円)を注文。
 刺し網漁(6月1日~8月末)が終わると、1600円に値段が変わるので、今のうちに食べておかないと。
 まずは新鮮な刺し身を一切れ。最初はオーソドックスな刺し身醤油で、ぱくり。コリコリした食感で、ほどよく脂がのっていておいしい。皮をあぶった刺し身は、海藻の「エゴノリ」の粉を合わせた塩で食べると、磯の香りをより感じます。
 熱々な煮付けは、定番の甘じょっぱい味付け。ご飯が進むのはもちろん、大根のつまや刺し身を煮汁でしゃぶしゃぶするのもオススメです。
 自分の好きなように食べ方を変えて楽しめるのが、新ご当地グルメの特徴。ぜひ、いろいろ試してみてくださいね。(五所川原支局 唄)

住所 中泊町小泊字折戸51-34
電話 0173-64-2001DSC_5426
営業時間 9:00~15:00
定休日 毎週木(7~8月は無休)
※11月下旬~4月中旬まで休業

おさかな海岸

住所:中泊町小泊字折戸51-34

電話:0173-64-2001

(東奥日報社)