上北 自然 青森LOVERS

鏡面が空を映し出す・誘惑の小川原湖

2016.07.27

こんにちは。木滝奈央です。

三沢市にある「Ogawarako Kayak LABO」でカヤックインストラクターをしています。

 

これから小川原湖周辺のアクティビティなどをお伝えしていきます。

ちなみに名刺には研究員という肩書が書いてあり、私が研究員1で相棒が研究員2。

「小川原湖でどれだけ遊べるか研究する」という、なんとも幅の広いお仕事をしています。

 

なお

 

さて、そんな私がいるのは湖の東側にある小川原湖水浴場付近。(三沢市)

大概カヤックでぷかぷか浮いていますし、事務所が暑い時も湖の上に緊急避難しています。

 

まず…「カヤックって?」

 

要は上の私が乗っている上の写真のようなレクレーション用の小舟です。

カヤックについては今度カヌーとの違いも含めて、ゆっくり書きたいと思っています。

 

そんなカヤックを漕いでいるのは、青森県最大の湖の小川原湖。

東北町、六ヶ所村、三沢市に接する総面積62.12㎢、周囲67.4 km、最大水深26mの湖です。

淡水と海水が混ざる汽水湖でシジミや天然ウナギなど水産資源が豊富で、「宝湖」と呼ばれています。

 

そんな宝の湖が本当に輝く時があります。

バーン!!!

べた凪

それはと呼ばれる無風状態の時

カヤッカー(カヤックを漕ぐ人)が震えて駆け出す美しさ。

いつもは少し風が吹いているのですが、完全な無風になるとこのように空を映し出します

こういう時は正直、仕事をストップして漕ぎに出たくなっちゃいますね。

市民もなかなか知らない凪の小川原湖は本当に美しい。

 

「ウユニ湖じゃないよ、小川原湖だよ。青森にあるんだよ。」とスワン達も言っています。

「今日は仕事さぼっちゃいなよ、ぷかぷかしたらいいさ。」とも誘惑。

可愛い顔してなんて事言うんだ!まったく!!…誘惑には弱いタイプなんだぞ!

スワン

そんな甘い誘惑に誘われて、みなさんは小川原湖をぷかぷかしてください。

今年の夏は小川原湖の絶景を観に来ませんか???

スワンも待ってるよ!!

(木滝 奈央)