くらし 下北 青森LOVERS

大間の漁師のお正月「おふなださま」に潜入!福をもらったぁ!

2017.01.13

新年から訛ってます。島ヤッコでごんす。
新年早々、築地の初セリで、第五十六新栄丸のマグロに
7420万円の値が付き、ほーほーしておる大間です。

漁師だぢのお正月ってのは、築地の初セリも終わったあと、
1月11日だって、おべでらが?
正式には船玉(舟魂)祭、みんなは「おふなださま」と言います。

マグロのぼりの披露

この写真は、2006年1月11日のおふなださまの時。
できたてホヤホヤのマグロのぼりをご披露させてもらって
漁師から唸るようなウォーがあがっているの図でございー。

稲荷神社に漁師だぢがごっそり集まって、
大漁祈願・海上安全の祈祷をした後、各家で、親せきやら知人に
めくるめくごっつぉー(ご馳走)を振る舞うってのが、習わしです。

  ◆ひとくちメモ◆
  「大間町史」によれば、『昔、親方が乗子を招いて一年の契約を結び慰労した
  名残の行事。』となっておるけれども、わいの同級生のトヨカンズは「サガナの
  供養祭」だと表現しとりました。

  命をもらっているサガナたちに感謝を込めながら、ごっつぉーをみんなでいただくのだと。
  福を人に振る舞えば振る舞うほど、その福は自分に返ってくるのだと教えてくれました。

さて、こどし潜入したのは、マグロ一本釣りの敏腕漁師としておなじみの熊谷ヨシさんち。
ヨシさんは、もう何回もテレビさ出でるけども、おふなださまのヨシさんちは、
地上波初、いやネット初公開だべさ。

まんず、神棚見へるどー!

ヨシさんちの神棚

掛け軸の右側が船玉神。捧げものの魚(ソイだと思うけども)は、
神様が食べやすいように置いている。「にらみ魚だ」とヨシさんは言うていた。
左側手前のラップがかかっておるのは、今シーズン、ヨシさんが獲ったマグロのヒレの山。
その手前に、こそらっと「海のおどごの勝負パンツ」を捧げておきました。

そして、いよいよ、ごっつぉぉぉーーー!!!

船盛りと獺祭

どでかい船盛りがあるのは、基本中の基本だとして
「なに、飲む?」って、出できたのが竹筒なのには、びっくらこいだ!
マイナス60度のストッカーで冷やした竹筒に、神棚さあがってた「獺祭」をどくどく。
「わいほのストッカー開げれば、タゲ、ごろごろ入ってるしてー」とヨシさん。
たまらんたまらんたまらんちん大先生ー!

     ◆ひとくちメモ◆
     大間のほとんどの漁師の家には、マイナス60度のストッカーがある。
     マイナス90度ってのもあるらしい。ヨシさんちには4台もあって、
     家族で一人1ストッカー体制となっている。おかげで、365日、
     サガナを食っとると言うてました。

ここからひとしきり、獺祭なのか田酒なのかトークが炸裂。
「マグロの肝じゅうじゅう焼いで、タゲで田酒の山廃飲めば、
青森県さ生まいでいがった~って思うじゃー」というのが、ヨシさんの結論。
一流のマグロ漁師だからこそ味わえる極上のマリアージュを聞いて、
一同はうっとり遠くを見つめる♡

鮟鱇のトモ合えが出できたら、ビール飲んでたみっちゃんねーさんも
「や~、これだばタゲ飲まねばねーべさ」と、飲み始め、
年明げでから揚がったという、いよいよマグロの刺身に行った!

ねーさんマグロ前 → ねーさんマグロ後

これが、マグロ前→マグロ後の決定的な写真だ。

みっちゃん(むがしは)ねーさんは、床屋さんなんだが、岸壁でタナゴ釣りして、
漁師におすそ分けしてるという。恐るべし!床屋の(むがしは)ねーさん!
相米慎二監督の「魚影の群れ」が撮影された時には、夏目雅子さんに
大間弁べらめがしを指導した人。

次から次へと、脂っ濃い人だぢがあづばってきた。

おふなださま集合

あっちこっちの家を回る人もいるので、刻々とメンバーは変わるけども、
夜9時を過ぎると、沈没した人がヨシさんちにあづばってくる傾向があるらしいです。
「シメにわいほさ来るして。わいほは一休のラーメンど同じ」。

こうして、おふなださまの夜は更けていくのです。
朝起きると、完全に沈没した人が、ここに寝ってたりするのだそうです。

ヨシさーん!福をありがとー!!!

(島ヤッコ)