グルメ2016年 ランチ 東奥日報おすすめグルメ 東青

無性に食べたくなる担々麺

2016.07.26

IMG_0633青森市橋本、桂木にお店を構える「中国料理 広州」。筆者はここの担々麺に惚れ込んで以来20年通い続けている。

そして、担々麺以外のメニューを注文したことがない。都内でも有名とされるお店を何軒も食べ歩いたが、やはり広州の担々麺に行きつくのだ。

 

 

この日は「麻婆丼、ミニ担々麺セット(930円)」を注文。

IMG_0597

まずは出来立てのスープから。まろやかでコクのある胡麻味噌、ラー油の深い辛みと味わいが口いっぱいに広がります。

次は麺を一気にすすりあげます。自家製の細麺にスープが見事に合い、一緒に絡み合うモヤシのシャキシャキ感とコリコリのザーサイが絶妙なバランスで入ってきます。

辛いもの好きな筆者は「大辛」を注文。辛さも気持ちがいい。

続いてセットの麻婆丼を。これまた箸が進みます。深いコクと辛さ、特有のとろみが美味しい。一口食べて、担々麺のスープを一口。これがまた美味で幸せな気分になります。

この日は注文しませんでしたが、ぜひ食後は杏仁豆腐を試してください。先ほどまでとは違うサッパリとした味わいが口を潤してくれます。こうして食べ終わると、翌日にはまた食べたくなるのです。ぜひお試しを。(本社 志)

中国料理 広州

住所:青森県青森市橋本3-2-4

電話:017-773-5553

(東奥日報社)