エリア グルメ2016年 三八 青森LOVERS 青森LOVERSおすすめグルメ

八戸ブイヤベースフェスタ 函館で賞味会を開催

2017.01.20

新幹線で結ばれたふたつの街

八戸の飲食店17店が参加し、地元で水揚げされる魚介を使ったブイヤベースを提供する催し「八戸ブイヤベースフェスタ」の函館での告知イベントが1/18開催され、マスコミ、ブロガー、観光関係者らを招き「賞味会」が行われました。両市は北海道新幹線の開業により大幅に時間短縮され、函館・八戸間は約2時間で結ばれます。

_MG_5438

三浦祐紀シェフが八戸ブイヤベースを説明

会場は「はこだてソシエダ 港の庵」、築115年の小建築を再生。

会場は「はこだてソシエダ 港の庵」、築115年の古建築を再生。

水産業界の若手有志の連携から生まれた料理人交流

八戸ブイヤベースフェスタは今回が6回目の開催。

イベントのきっかけは東日本大震災の後、八戸の水産業に従事する若手有志たちが地域振興を目指して立ち上がった「八戸ハマリレーションプロジェクト」です。

漁獲量日本一を誇る八戸港の魚介類を地元のひとにもっと知ってもらおうと、フランスの港町マルセイユの郷土料理「ブイヤベース」を八戸に定着させるため料理人たちに協力を呼びかけたとのこと。

当初は小さな取り組みだったものがその味わいやイベントの面白さが評判を呼び、前回は会期中に10,000食近くを提供するほどの盛況ぶりといいます。

それまでは料理人どうしの交流の機会は少なく、ホテルの料理人と街場のレストランとの接点などほとんど無かったものが、フェスタの開催を契機に、料理のジャンルを越えて、連携イベントなど交流が活発化したそうです。

さて、ブイヤベースフェスタは、県外観光客の誘致を目指し、昨年は東京での賞味会を開催。今年は北海道新幹線で結ばれた函館市で賞味会を開催し、催しのアピールを行いました。これに際し、八戸と函館、両地域の料理人のコラボも実現しました。

ハマリレーションズプロジェクト 古川匡さんの挨拶

八戸ハマリレーションプロジェクト(HHRP) 古川篤さん開会挨拶

一夜限りの函館コラボブイヤベースが登場

賞味会では、八戸の地酒「陸奥八仙」での乾杯からスタート。

_MG_5376

二人のベテランシェフによる乾杯 須田忠幸シェフ(八戸プラザホテル・左)と深谷宏治シェフ(函館・レストラン バスク)

まずは八戸・函館双方のシェフたちによるピンチョー(ミニチュア料理)7種を立食で。

_MG_5394

前菜として提供のピンチョー

八戸の地酒「陸奥八仙」もアピールし大好評

そして着席し、いよいよブイヤベースの登場です。

八戸の三浦祐紀シェフ(ビストロ  ポ・デタン)のスープに、今回は函館の魚介、タラ、カジカ、ゴッコ、ドンコ、カスベ、ホタテ、アサリを用いた「八戸ブイヤベース 函館コラボスペシャルバージョン」です。

八戸ブイヤベースの特徴ともいえる「二度おいしい」仕掛けは「緑のアイオリソース」、ニンニク薫るソースがスープの味わいを見事に変化させました。

函館コラボスペシャル

八戸ブイヤベース 函館コラボスペシャル

二度おいしいの立役者「アイオリソース」

一夜限りの贅沢な一皿に参加の皆さんにはご満足いただけたようです。

津軽海峡圏で深まる料理人連携

さて、函館ではレストランバスク 深谷宏治シェフが中心となり、1989年から、食に関するプロの集団「クラブ・ガストロノミーバリアドス)」(通称ガスバリ)を組織し、様々なジャンルの料理人や生産者などが、調理技術の研さんや地元食材の発掘などの活動を行ってきました。

いま函館から全国へと拡がった「バル街」や「世界料理学会 in HAKODATE」などもこうした料理人たちの交流連携をきっかけに生まれたものといえます。

こうした活動のなかで、これまで弘前や青森の料理人たちとは盛んに交流し、バル街や世界料理学会での連携も行ってきました。

第6回世界料理学会 in HAKODATE(2016.9開催)

第6回世界料理学会 in HAKODATE(2016.9開催)

賞味会を担当した料理人たち 八戸と函館の連携

賞味会を担当した料理人たち 八戸と函館の連携

今回あらたに、八戸のシェフとの連携も深まり、津軽海峡圏の料理人たちの交流連携は今後さらに深まることでしょう。

_MG_5327

スープの仕込み 三浦祐紀シェフ(八戸 ビストロ  ポ・デタン)

_MG_5318

魚介の仕込み 清水桂シェフ(八戸 ボワラ 手前)

右から、澤内昭宏シェフ(八戸  リストランテ澤内)、佐々木宏次シェフ(函館 ラ・リヴィエール)、橋本正シェフ(函館 ラターチ)、伊藤和博シェフ(函館 レストランバスク)

右から、澤内昭宏シェフ(八戸 リストランテ澤内)、佐々木宏次シェフ(函館 ラ・リヴィエール)、橋本正シェフ(函館 ラターチ)、伊藤和博シェフ(函館 レストランバスク)

八戸ブイヤベースフェスタ、今年も開催

http://hhrp.jp/hbb/

スクリーンショット 2017-01-20 12.31.46

さて、八戸ブイヤベースフェスタ、2月1日から開催です。

1月29日には参加各店が顔を揃えて、料理を提供するオープニングイベントが八戸プラザホテルで開催されます。

オープニングパーティー 1/29開催

第6回八戸ブイヤベースフェスタ、17店が参加、2月1日から3月31日まで。

 

八戸ハマリレーションプロジェクト

info@hhrp.jp 090-4885-2837(担当:古川さん)

http://www.hhrp.jp/hbb/

 

 

住所:

電話:

(田村 昌弘)