くらし イベント 三八 青森LOVERS

11ぴきのねこと一緒に街歩き・三戸

2017.01.25

こんにちは。青森県在住30代女子仮り暮らしのNAOです。

毎日寒いですがみなさんいかがお過ごしですか?

私はというと…大人の遠足へ行ってきました!!

わーいわーい。

16229681_1166097776839980_967438602_o

大人なのでおやつは500円以上でも可◎

写真だけ見ると本当に遠足の様ですが、三沢のみんなで街歩きの研修に行ってきました!

現在、三沢で行われている三沢式おもてなしガイド・スペシャリストセミナーの受講生たちです。

私もこっそり受講中なのです。

 

「にゃごにゃご。」でおなじみの可愛いあいつら。みなさんご存知でしょうか?

16215487_1166097680173323_5047882_n

町役場のカウンターにも鎮座するビッグネームの彼

みんな一度は絵本でお世話になったであろう

「11ぴきのねこ」

今回はねこ達の生みの親である、馬場のぼるさんの故郷「三戸」に行ってきました!!

 

◇馬場のぼる…手塚治虫、福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれた。

やがて大人漫画や絵本も執筆し、日本経済新聞の連載4コマ漫画『バクさん』、絵本『11ぴきのねこ』シリーズ等が代表作となった。

参考リンク>馬場のぼるWikipedia

 

NAOも昔ミュージカルを観にったり絵本でもだいぶお世話になりました、その節はありがとうございました。

それなのに三戸が馬場のぼるさんの故郷だとも知らず、失礼いたしました。

私も大きくなり今年で年女、にゃごにゃご…。笑

 

さて、今回の研修は三戸で実施している「三戸街歩き奉行所」をみんなで体験しにきました。

沢山のお客さん達を案内している三戸街歩きガイドさん達に、「街歩きとは何ぞよ?」と、

基本のキを学ぶべく実際に街歩きに参加してきました。

16326052_1166097773506647_2058946149_o

しっかりとした話しっぷりのガイドさん、私にはない雰囲気。

あまり書きすぎるとネタバレになってしまうので、今回はざっくり書きます。

 

三戸の街には「11匹のねこ」のオブジェ、イラスト、看板などが点在しています。

今回バスは見ることができませんでしたが、かわいいピンクのラッピングバスもあるとか。

私達、すれ違う運命なのね…きっと見たら幸せになれるとかあるんだわ。

16244246_1166097676839990_1203898973_n

町役場の看板にも鎮座

16231440_1166097700173321_225359417_o

窓ガラスにも等身大なのか?大きなねこ達

16295230_1166097686839989_1822535798_n

町役場の待合室の本は「11ぴきのねこ」シリーズ

ねこのパワーたるや…さすが全国区!! 

 

三戸街歩き奉行所では「大正ロマン・昭和レトロ・コナモンを訪ねて」と街歩きにサブタイトルがついています。

街の中には古いレトロな建物が残っており、建物を見るだけでも楽しめます。

16325449_1166097703506654_1716660522_o

ぼたん雪の降っていたけど写真を撮ってみた、とても綺麗。

冬の街歩きでは冬しか撮れない綺麗な写真が撮れる、きっと雪が余計なものを隠してくれるんだ!

寒いのが解消されれば街歩きってオールシーズンのコンテンツに成り得るんだねー。

そうだ、カイロをオプションにつけたらいいんだ!!

やばい、天才かーっ?!ってのは冗談。

 

12688195_888853014564459_3840353167212061640_n

三戸奉行所ガイドの爽やかガイド澤山さん(2016年撮影)

青森県 平川市の盛美園と同じ雰囲気の建物もあります。あ、詳しくはガイドさんに聞いてください!

調子に乗って書きすぎてネタバレするところだった。あぶないあぶない。笑

参考リンク>盛美園 ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』の参考に まるごと青森

借りぐらしのパイセンのモデルとなった建物も青森県にあるとな!行かねば!!

 

ガイドさんの案内で建物や三戸に関する豆知識を聞きながら、街をどんどん歩いていきます。

90分の街歩き、消費カロリーにもかなり期待!!

 16296053_1166097706839987_1842029681_n

途中の休憩場にておばちゃんたちがじゅねもちをふるまってくれます。

Welcome to Sannohe !!

16244353_1166097766839981_1361931335_n

 あぁ…消費カロリーさようなら。そして摂取カロリーこんにちは。

南部地方ではイベントがあると必ずと言ってもいいくらいある「じゅねもち」、じゅねとはエゴマのことです。

 

えごま油には美肌効果とダイエット効果があるということで女性にとても人気を集めているのです。

何でもえごま油に含まれるオメガ3脂肪酸と呼ばれるで成分に含まれる効果が肌やダイエットに効果的だということです。

参考リンク>オトナ女子を内面から輝かせるウェブマガジンGJEWEL

 

なんと!ならば食べよう美容の為に!!!

じゅねもちは甘くて素朴な味で、じゅねのふわっとした香りが鼻を抜けていきます。

周りにはじゅねもち好きな人多いんですよねー。

12669584_888983364551424_7639161818538890776_n

 

てくてくてく…街歩きは続きます、川沿いを歩いてまた少し身体が冷えてきた頃こちらに到着。

そうみんな忘れていましたね、三戸街歩き奉行所のサブタイトルに入っていたコナモンの登場です。

16326160_1166097736839984_1497985029_o

三戸といえば…きんかもちを作り続けて30年になる「きんか堂」さんです。

きんかもちは南部地方で昔から食べられている、小麦粉で作ったもちに黒砂糖、くるみ、ごまを入れ茹でて作るコナモンです。齧ると熱で溶け液体状になった黒砂糖が溢れ出します。

参考リンク>きんかもち/北のコナモン情報サイト

16216092_1166097740173317_1696813720_n

再び!さようなら消費カロリー、こんにちは三戸名物きんかもち!!

寒いなら食べて体温上昇、外でパクつくぜ!!ダイエットはこれを食べてからにするわ。

くるみと黒砂糖が絶妙にマッチで餅の部分がしっとりもちもちで、うまー。

三戸のお土産として外せないきんかもち、他に南部せんべい屋さんも多いのでお気に入りを見つけてみてください。

 

オオトリはツキダテ商店さん。

仏具屋さんなのに入りやすい!!それにお母さんたちが元気で明るいこと!!

キャンドルやいろんなタイプのな芳香剤などが、オシャレな雑貨店顔負けの品揃え。

「おフランス製のいいかまりっこコーナー」笑。

かまりっことは訛りで「香り」のことです、つまりいい香りのコーナーということなんだけど…

フランスに「お」をつけるセンス、好き♡

16295180_1166097743506650_1149588365_n

 

ちなみにお店のイチオシは「故人の好物シリーズ」

「故人が好きだったものを、想いを込めて捧げたい」 そんな思いから誕生した好物キャンドルだそうです。

ビール・マーブルガム・カップヌードル・和菓子やワンカップもあります。しかもお寿司はガリ付き。

外国人の方がお土産として購入していったりもするそうです。

16325766_1166097770173314_609803651_o

 

街歩きに行ったばかりなのに、また行きたくなるイベントがあります!!

三戸名物元祖まける日が2月4日(土)・5日(日)に開催!!

16244517_1166097720173319_220611225_n

そして、「さんのへまち歩きツアーin三戸名物元祖まける日」も開催されますよ。

「三戸名物元祖まける日」に合わせ実施し好評だった街歩きツアーを今年も実施。

参加費1,000円なのに、まける日のお買い物券が500円分ついてきます。お得でしょー!!

事前申し込みが必要です、詳しくは三戸町観光協会のHPをご覧ください。

 

16251128_1166097733506651_1061130511_o

 楽しんでばかりの三戸研修でしたが、まずはそれでいいんだと思います。

テクニカルな部分は後からで、「街歩きは楽しい!」 と実際に体験することが基本のキかと。

楽しくないこと人にすすめられないし、自分達もこんな街歩きをしてみたいとぼんやりでも考えてもらえればいいですね。

三沢の街歩きもこれからどうなるのか…楽しみです。

 

 三戸のガイドさんと街のおばちゃん達は仲良しで、「今年1番目の街歩きのお客さんだねぇ。」と話していました。 

「研修先は三戸がいい!!」と超絶わがままぶっこいて良かった。

16295749_1166097730173318_1251690714_n

三戸の街歩きはいいところがいくつもあるけれど街の人がいい

じゅねもちをくれたおばちゃん達のように、Welcomeな雰囲気を街のあちこちで感じることができます。

「街歩きで来ました!」というと歓迎ぶりがハンパない、街歩きが三戸で浸透しているってことですねー。

 

 16216130_1166097746839983_2020678039_n 

拝啓、三戸街歩き奉行所さま。

にゃごにゃごにゃーん。

(そんなところをリスペクトいたします。)

 

(木滝 奈央)