西北

器も味も津軽らしさ

2016.03.15

商品化された「津軽金山焼弁当」。右から「お寿司屋さんのたまご箱」と「津軽帆立めし」

商品化された「津軽金山焼弁当」。右から「お寿司屋さんのたまご箱」と「津軽帆立めし」

 北海道新幹線開業と新青森駅5周年を記念して、新作駅弁「津軽金山焼弁当」2種類がデビューした。素朴な風合いの津軽金山焼の器に山海の料理を載せた郷土色あふれる弁当で、新青森駅などで販売される。
 五所川原市の「つがる惣菜」と津軽金山焼が共同で商品化した。「お寿司屋さんのたまご箱」は津軽金山焼のシチュー皿に、五所川原農林高校生が生産した鶏卵を市内のすし店が焼き上げた厚焼き卵、サーモン焼きなどが入る。「津軽帆立めし」は津軽金山焼の木の葉鉢にホタテの炊き込みご飯、蓬田村の「きみちゃんのもっこりたまご」の卵焼きなどが入る。
 五所川原市役所で、弁当を試食した平山誠敏市長は「五農の卵を使うなど特徴があっておいしい。旅行客に津軽の魅力をPRできる」と語った。つがる惣菜の下川原伸彦代表は「器はお土産にしてもらい、家庭で使うたびに青森を思い出してくれればうれしい」と述べた。
(東奥日報社)

(東奥日報社)