エリア 西北

立佞武多ブラジル遠征記<おまけ>

2015.02.15

立佞武多の前で踊り歩く日本人や日系人ら。参加者は650人に上った

立佞武多の前で踊り歩く日本人や日系人ら。参加者は650人に上った

チームの中心ダンサーとして、豪華な衣装を身にまとい日本人女性が熱いダンスを繰り広げた

チームの中心ダンサーとして、豪華な衣装を身にまとい日本人女性が熱いダンスを繰り広げた

 南米ブラジル・サンパウロの真夏の祭典、サンバカーニバルは、有力14チームによる2日間のパレードを終えた。熱気に包まれた約5万人収容の特設会場で、観衆の注目を浴びた五所川原立佞武多(たちねぷた)。「復興祈願・鹿嶋大明神と地震鯰(なまず)」(福士裕朗さん制作)が台車の上にそびえ立ち、地元チーム「アギア・ジ・オウロ」のダンサーや楽隊など総勢3200人と共に、堂々の行進を披露した。採点で4位となったアギアは20日、上位入賞チームによるチャンピオン・パレードにも出場。立佞武多がカーニバルの歴史に新たなページを刻んだ。(東奥日報社)

(東奥日報社)