エリア 中南

弘前と墨田区の縁 津軽屋敷跡に北斎美術館

2016.11.22

東京都墨田区にオープンした「すみだ北斎美術館」

東京都墨田区にオープンした「すみだ北斎美術館」

すみだ北斎美術館内に展示さた弘前ねぷた

すみだ北斎美術館内に展示さた弘前ねぷた

 江戸時代後期の絵師・葛飾北斎(1760~1849年)の作品を集めた「すみだ北斎美術館」が、東京都墨田区に開館した。建設地が弘前藩津軽家上屋敷跡であることから、同館はオープンを記念して弘前ねぷたを展示し、墨田区と津軽の縁を紹介する。同館を視察した弘前市の山本昇副市長は「美術館を訪れた多くの方々に当市を知ってもらうきっかけになれば」と喜びを語った。
 東京・浅草での弘前ねぷたの運行を見た墨田区の担当者が、弘前市に対し連携を打診。美術館のオープンに合わせ、同市の絵師・川村麗巴(れいは)さんが手掛けた扇ねぷた(高さ約2.6メートル)を12月中旬まで展示し、弘前とのつながりを紹介する説明板が置かれた。
 同美術館は、生涯の大半を今の墨田区内で過ごし、制作に当たった北斎を顕彰するため、区が建設した。代表作「富嶽三十六景」の作品をはじめ錦絵や肉筆画など門人作も含め約1800点を所蔵、順次展示していく。地上4階、地下1階建てで、世界的な建築家・妹島(せじま)和世さんが設計。敷地は17世紀から明治初期まで弘前藩が上屋敷を構えた場所の一部に当たるとされ、建設に際しては墨田区教委が発掘調査をしている。
 こうした外国にも発信力のある美術館が、弘前ゆかりの場所にオープンするのは非常にうれしい」と話していた。
(東奥日報社)

(東奥日報社)