エリア 西北

津軽で「バル街」拡散中!夜の五所川原も盛況

2016.07.07

乾杯で盛り上がる「バル街」の参加者

乾杯で盛り上がる「バル街」の参加者

 夜の五所川原市の飲食店街を飲み歩くイベント「五所川原バル街」が、市中心街で開かれた。居酒屋やすし店、バーなど45店が参加。カップルや家族連れなどでにぎわった。
 飲食店主らでつくる実行委員会(木元猛委員長)が夜のにぎわいを創出しようと開催。3回目の今回は、市の補助金を得て婚活イベントを兼ねて開かれ、男女の新たな出会いに期待を込めて七夕開催とした。
 開会式が開かれた立佞武多(たちねぷた)広場には、ワインやピザなどを提供するテントが並び、来場者はビールを片手に歓談。地元アイドルや大道芸人、バンドなどのステージイベントを楽しんだ。人気店には行列ができる盛況ぶりで、飲食店街は遅くまで活気づいた。
 実行委員長の木元さん(66)は「今やバル街は各地で開かれているが、市の規模を考えれば(45という参加店数は)かなり盛り上がっている方だと思う。このままイベントを市民に定着させたい」と話した。
(東奥日報社)

(東奥日報社)