エリア ニュース 上北

湖面彩る大輪に歓声 湖水まつりで花火大会

2016.07.27

3950発の花火が小川原湖の湖面を彩った花火大会

3950発の花火が小川原湖の湖面を彩った花火大会

 東北町湖水まつりが23、24の両日、同町の小川原湖畔の2会場で開かれた。23日には小川原湖公園で花火大会が行われ、来場者が湖面を彩る大小3950発の花火を楽しんだ。
 花火大会は49回目。霧雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、多くの観客が会場を訪れた。
 5部構成で、第3幕は「癒やしの湖」「リオデジャネイロの空に乾杯」など四つのテーマでデザイン花火を打ち上げた。第5幕のフィナーレ花火では、音楽に合わせて色とりどりの花火を発射。最後に超特大スターマインが湖上に広がると、観客から大きな拍手と歓声が上がっていた。
 このほか、小川原湖公園ではステージイベントや宝探し大会などを開催。わかさぎ公園ではわかさぎマラソンのほか、手作りいかだレースやビーチフラッグス大会が行われた。

(東奥日報社)